スキンケアに大切なオイルの仕組みを知ろう!

肌

肌の活力の高め方

スキンケアに使用するオイルには、脂肪酸グリセリンがあります。

①オリーブオイル

洗い上がりがしっとりしていて乾燥肌の方にオススメです。ただし、ベタつきがきになる方も多いでしょう。また、構成される脂肪酸は「オレイン酸」が主成分なので、ニキビで肌荒れを起こしている方には効果的でしょう。

②椿オイル

オリーブオイルよりもオレイン酸が多いです。ベタつきを感じやすくてニキビが悪化しやすいので注意が必要です。

超乾燥肌の方にはオススメできます。

③セサミオイル

オリーブオイルよりもあっさりとしていて肌がオイリーの方、ニキビが出やすい方には良いでしょう。

④ホホバオイル

オイルと名前がついていますが、脂肪酸とアルコールが結合して生成した液体ろうです。ロウは皮脂の成分にも含まれるものなので、皮脂の角の分泌を抑えます。あまりベトベトせず、さらっとしています。参加しにくく、扱いやすいのが特徴です。

品質が良いものは高価でクレンジングにたっぷり使うとお金がかかることがネックです。

⑤スクワランオイル

オリーブから取れるオリーブスクワランと、深海ザメの肝曲から取れるサメスクワランの2種類があります。伸びが非常に良くて、さらっとしているにも関わらず保湿力、抗酸化力に長けています。低刺激なのでアレルギーを起こしにくく、敏感肌の方にも定評があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です